« 「日曜日の秘密基地」のアシスタント、1/15は堀井美香アナか? | トップページ | ビデオiPod・iPod nano用FMラジオ内蔵リモコン発売 »

2006.01.14

デジタルラジオ10月開始。現行AM・FMの同時放送も実施

ちょっと前の記事になるが、Yahoo!ニュースでこんな記事があった。

デジタルラジオ10月開始 予定より半年遅れ

 多チャンネルで高音質の地上デジタルラジオの本放送スタートが、予定の4月から10月に延期される見通しになった。
 磯原裕ニッポン放送社長らが10日の定例記者会見で明らかにした。同社を含む在京民放ラジオ5社を中心に設立する事業会社の準備や免許手続きの遅れなどが理由。
 デジタルラジオは当初、2011年以降に始まる計画だったが、デジタルテレビの携帯端末向け放送「ワンセグ」の今年4月開始が決定。出遅れを恐れたラジオ局の主導で、同時スタートに計画が前倒しされていた。
 磯原社長は「ワンセグと同時が望ましいが、拙速でつまずいては視聴者に失礼」と述べた。
 民放幹部によると、デジタルラジオは音楽専門、現行AM・FMの同時放送など18チャンネル程度で東京と大阪でスタートし、来春までに名古屋でも始まる見込み。専用の受信機でCD並みの音質や簡単な動画を楽しめるほか、放送を通じ楽曲を取り込むことなども可能になる。
(共同通信) - 1月10日18時55分更新

 地上デジタルラジオは、記事にもあるように元々2011年以降に始まる計画だったのを、急遽前倒しで2006年、つまり今年スタートにするという発表が昨年急にあったぐらいで、「ロクに受信機もできてないのに間に合うわけはないだろう」と思っていたので、「ワンセグと同時が望ましいが、拙速でつまずいては視聴者に失礼」なんてのは、正直「何を今更」という気もしないわけではないのだが、時間がなかったのは端から見ても明らかで、最初からコケてイメージが悪くなるよりはある程度形にしてからスタートするのは正解だと思う。

 ところで、文中で目を引いたのが、「デジタルラジオは音楽専門、現行AM・FMの同時放送など18チャンネル程度で東京と大阪でスタート」というところ。
 現行放送の同時放送もやってくれるのであれば、現在制作・送出側では対応しておきながら受信機が普及していないため結果的に無駄になっているAMのステレオ放送が生きてくるに違いない。ただし、デジタル放送が始まれば現在発売されているアナログのAMステレオ対応機種の普及拡大にはトドメを刺すことになると思われ(つまり現行製品が生産中止になれば、もう新製品は発売されず、そのまま消滅?)、その点では痛し痒しなのだけど。

 逆に気になるのは、「18チャンネル」の内訳。現行放送の同時放送のほかに当然、独自放送も行うことになるのだろうが、そんなにコンテンツがある(できる)のだろうか。
 テレビは多チャンネル化で多様な番組が見られるようになったといいながら、実際に人気があるのは映画や過去に地上波で放送された番組の再放送。ラジオが多チャンネル化したとして、元々過去の番組の再放送という概念があまりないラジオで、再放送が始まるようには思えないし(やってくれれば嬉しいけど)、そもそもどれだけ局に番組が保管してあるのかどうか。

 では、例えば「ジャンル別の専門の音楽放送局」ができるかといえば、首都圏に限って言えば10年以上前、FM局の開局が相次いだ頃、「多局化で、リスナーの選択余地が増える!」なんて言われて蓋を開けてみれば、理想がなんとかそれなりに稼動していたのは数年。次第にどこの局も似たような番組ばかりになってしまい、いい悪いは別にして「一番特徴があるのがNHK-FM」だという笑えない結果になっているところを見ると、こちらはそれほど期待できないのかもしれない。BSやCSのデジタルラジオ放送もことごとくコケてるし…(「セントギガ」とか覚えている方、いらっしゃいますか?)。最初はあまり間口を広げず、「現行放送がクリアに聴こえる、携帯でも聴ける」ということをアピールしていくのが良策なのかもしれない。それともちょっと悲観的すぎるだろうか。



|

« 「日曜日の秘密基地」のアシスタント、1/15は堀井美香アナか? | トップページ | ビデオiPod・iPod nano用FMラジオ内蔵リモコン発売 »

コメント

デジタルラジオのHPがありますが
http://www.d-radio.jp/
2年も前から試験放送しているというのに対応受信機がない、というのはなんだかなーという気分ですね。

気になるのはアンテナと受信感度。今のVHFテレビの周波数を使うので、FMラジオのようにロッドアンテナなりイヤホン兼用アンテナが必要だとしたら、内蔵バーアンテナで受信できる現行のAM放送のほうが簡便だと思います。

投稿: MARU | 2006.01.16 22:26

MARU さんこんにちは。

ホームページあったんですね。知りませんでした。
おっしゃるとおり簡便に受信できないとダメですよね。あと、今のAMのように遠距離受信は不可能となるでしょうから、趣味でBCLをやっている方はもちろん、特に遠距離受信とかBCLとかを意識せずに、微妙にエリア外の中距離から東京や大阪の局を聴いている普通のリスナー(意外にいる)には、何らメリットがない話ですよね。

投稿: tabo | 2006.01.20 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75650/8164269

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルラジオ10月開始。現行AM・FMの同時放送も実施:

» たぶんこのオッサンには要らないはず [I LIVE FOR THIS by "j"eter]
今朝の朝日新聞より。 4月からはじまるらしい地上デジタル放送「ワンセグ」の記事。 スカパー、ケーブルでお腹いっぱいで地上波まで手が回らない 状態は相変わらず。 [続きを読む]

受信: 2006.01.15 11:49

» ちゃんと聞けるのか心配なデジタルラジオ。 [竹内香苗アナ(TBS)勝手に応援ブログ]
地上デジタルラジオ放送(地上デジタル音声放送)ってのが、今年・平成18年(2006)の10月から開始予定なんだそうです。そもそもは平成23年(2011)放送予定だったのが、地上デジタルテレビ放送の携帯受信端末向けサービス「ワンセグ」に合わせて今年の4月開始予定に繰り上げたところ、受信機がそろわないなどの理由で10月に延期したと、なんかもう始まる前からドタバタしてるんですけど。 まあ、知らない人がほとんどなんじゃない�... [続きを読む]

受信: 2006.02.26 01:14

« 「日曜日の秘密基地」のアシスタント、1/15は堀井美香アナか? | トップページ | ビデオiPod・iPod nano用FMラジオ内蔵リモコン発売 »