« AM、FMラジオ付携帯電話、ドコモから発売決定 | トップページ | 秋山ちえ子さん引退、ラジオ番組は10月2日で終了 »

2005.08.31

AM、FMラジオ付携帯電話「RADIDEN」を触ってきた

先日「AM、FMラジオ付携帯電話、ドコモから発売決定」で紹介した、AM・FM・TVの3バンド対応ラジオチューナー内蔵PDC端末「RADIDEN」について、会社帰りに銀座にあるソニービルの「ソニーショールーム」に寄り道して触ってきたので、主にラジオの観点から感想などを。

○外観
 外観は、既報のとおり携帯電話とラジオの「両A面」(←古いか)という触れ込み(メーカーはさすがに「デュアルフロントデザイン」と言ってたが。)だが、デザインを見る限り、やはり携帯がオモテでラジオは裏という印象。携帯面と比べたときに、ラジオ面が安っぽく感じる。ラジオらしいと言えばそうかもしれないが、スッキリというよりは「のっぺり」という感じ。先日、写真の印象で「いかにもプラスチックしていて」と書いたが、印象は変わらず。

 大きさは、ストレート端末ということもあってか、最近のカメラ付き折りたたみ携帯を開いた時に比べてもそんなに厚い・大きいという感じはしない。むしろラジオと考えればもう少し横幅があったほうが操作した時に落ち着きそう。 重さについては、色具合からもう少し重い印象を持っていたが、持ってみたら想像より軽い印象。よくこんな小さい筐体に受信機とバーアンテナを入れ込んだものだと感心。

○操作
 電源については、携帯は通常の携帯と同様に表面キーの一つでオン。一方ラジオはサイドのスライドスイッチで電源を入れるようになっていて、完全に別。もちろんラジオと携帯がまったく別々にオンオフする。
 ラジオの選局操作についてはよくあるポケットラジオと同等なので、説明書を読まなくても操作可能。7つの一発選曲ボタンはAM・FM・TVの各バンドごとに割り当てられるようで、21局プリセットということか。ただ、一発選局ボタンは筐体の上部に並んでいるが、ボタンが細くてなおかつボタン同士の感覚が狭めなので、指が太い人にはちょっと小さくて押しにくいかも。
 それ以上に押しにくいのが、液晶の左にある選局ボタンとバンド/設定ボタン。小さい上にクリック感が浅いのでしっくりこない気が。ま、普通の人はスーパーエリアコールで一発選局した後はマニュアルチューニングなんてめったにしないだろうから、割り切ったのかもしれないが…。ちなみにマニュアル選局時AMは9kHz単位の選局。

○受信性能
 さて肝心の受信性能だが、展示場所(ソニービル)が都心のど真ん中のしかもビルの中のため仕方が無いが、AMについてはNHK以外は入らなくてよく分からなかった。普通のポケットラジオを持っていれば比べることができたのだが…。
 ただ、筐体の大きさと、その狭いスペースに更に携帯の機器とシールドを入れることを考えると、大きなバーアンテナが入れられるとは考えにくいから、過大な期待はできない。
 そのNHKも筐体の向きを少し変えるだけで電波が入らないくらいの受信状態だったので、携帯からの干渉ノイズが本当に抑えられているかどうかまではよく分からずじまい。ただ、聞いた限りはごく普通に聞ける音声だったし、ラジオの電源を入れたまま、携帯側の電源をオンオフしてみたが、それによって特段ノイズが増減した感じはしなかったので、とりあえずその辺の対策は効果が出ている模様。

○その他
 本機の使い方としては、ラジオを聞きながら電話したり、メールしたりというのを想定しているわけだが、気になったのは、iモードを使うときなど、キー操作をすると、そのたびに微妙にラジオの音声が途切れること。後で思い返してみると、ひょっとすると、キータッチをしたときにいわゆるボタン確認音が出ている時はそちらの音が優先されて途切れているのかもしれないが、もしそうじゃないとすると、頻繁にキーを操作したら、まともにラジオを聞けなくなってしまい、本機の意味がなくなってしまうのだが…。この辺は勘違いかもしれないので、また操作する機会があったらもう一度確かめてみたい。


 それにしても、AMラジオ業界側の期待の割りに、展示場所は実にあっさり。さすがに専用のディスブレイが用意されてはいたが、ポスターやチラシなどは一切見当たらず。発売前の先行展示だからだろうか。
 ソニービルの中のラジオ展示コーナー(壁際の奥まったところにあるんだ、これが。)に、他の何の変哲も無いラジオと一緒に何気なく置いてあるだけなので、フロアの入り口付近とか、もっとオモテにドーンと置いてあるのかと思ってた自分は、最初どこにあるのか探してしまった。
 会社帰りの夕方なのに平日ということもあってか人もおらず、ゆっくりと触れたのは良かったが…。(というかソニービル自体、閑散としていて、キレイなお姉さん方も暇そうだった。こんなものだっけ?昔はもう少し人がいたような気がするが。)

<参考>
RADIDEN 製品 NTTドコモ

(ラテログ内関連記事)
三洋、AM/FMラジオチューナー搭載のICレコーダー発売へ
AMラジオ付携帯電話の開発・商品化に目途
AM、FMラジオ付携帯電話、ドコモから発売決定

◆こちらも合わせてご覧ください。
・「カタログ・パンフレットの倉庫」 NTTドコモ RADIDEN(2005.09)
・「ケータイ最新情報」さん 「RADIDEN」試用してきました! 
・「IT-Flickey」さん  RADIDEN - お触りしてきました!
・「JAI-YAの日記」さん RADIDEN体感
・「Sony 好きが語るblog」さん NTTドコモ、ラジオチューナー搭載の「RADIDEN」(SO213iWR)発表


|

« AM、FMラジオ付携帯電話、ドコモから発売決定 | トップページ | 秋山ちえ子さん引退、ラジオ番組は10月2日で終了 »

コメント

TBどうもです。
詳細なレポート、勉強になりました。

私はちょっと触っただけでこんなもんかと
よく調べもせずに銀座を後にしましたから。

でもおっしゃる通り、以前に比べればSONYビルも
人が少なくなってきたような気が・・・

投稿: JAI-YA | 2005.09.01 18:51

コメントありがとうございます。

「詳細」というか、長々書いているだけで、もう少しまとめたら…と思わなくもないのですが(汗)。

それにしても本当に、ラジオと携帯を引っ付けた「だけ」感ありありで、やはりもう少し、いろんな面でプラスアルファの機能が欲しいところですね。

投稿: tabo | 2005.09.02 01:54

TBありがとうございました。確かにアップルストアと比べると活気が全然違いますよね。
アップルのようにバイオでネットできるように開放スペースを作ってくれれば、もっと人も集まると思うのですが、、

投稿: David | 2005.09.07 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75650/5730995

この記事へのトラックバック一覧です: AM、FMラジオ付携帯電話「RADIDEN」を触ってきた:

» RADIDEN - お触りしてきました! [IT-Flickey]
本日発表されたRADIDENですが、SONY STYLEのキレイなおねーさんの... [続きを読む]

受信: 2005.09.01 20:35

» ラジデン? [Side‐B...]
先日ラジオを聴いてたらなんと!世界初AMラジオが 聴けるケータイ、『Radide [続きを読む]

受信: 2005.09.06 07:10

» なんともたまらん「ラジデン」 [DavidのSony最新情報]
FM機能がもう携帯に欠かせないものになってしまった私ですが、ドコモ向けにソニーエ... [続きを読む]

受信: 2005.09.07 08:32

» NTTドコモ、ラジオチューナー搭載の「RADIDEN」(SO213iWR)発表 [Sony 好きが語るblog]
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/25407.html(impress ケータイ watch) NTTドコモからソニーエリクソン製端末、「RADIDEN」が発表された。世界初のAM,FM,TVチューナー(音声)内蔵端末となっている。 一見、preminiⅡ(SO506i)かなと思わせるデザインだが、一回りか、二回りか大きく、重く、メインの液晶は同じ1,9インチであるが、解像度がQVGAではなく160×128ドットと色数も6553... [続きを読む]

受信: 2005.09.08 00:40

» トリプルチューナーの「RADIDEN(ラジデン)」 [日々是発見]
ドコモ、世界初のAM/FM/TVチューナーを内蔵したmova端末を開発 - CN... [続きを読む]

受信: 2005.09.28 03:03

« AM、FMラジオ付携帯電話、ドコモから発売決定 | トップページ | 秋山ちえ子さん引退、ラジオ番組は10月2日で終了 »