« ラジオライフ8月号の第2特集は「懐かしのラジオ」 | トップページ | 松下のラジオ「RF-U700」を購入・その2(AM編) »

2005.06.29

松下のラジオ「RF-U700」を購入・その1

5/29の記事「松下電器のラジオ新製品はジャイロアンテナ装備」で紹介した「RF-U700」を昨日やっと購入。今日はその感想などを。

 まず外装の箱が思ったより大きい(約20×32×22cm)。本体の形が不定形なのでそうなるのだろうが、ソニーのICF-EX5(※注 現在は製造が終了し、後継機の「ICF-EX5MK2」になっています)の箱と比べれば体積比で3倍以上だ。

 早速箱を開封。店頭で見ていたときは気づかなかったが、例のジャイロアンテナは本体後ろへ倒せるようになっていて、ラジオ本体を持ち運ぶ時には、本体うしろの取っ手を持つようになっている。
 製品本体は中国製、電源コードはタイ製。電池を使う場合は、別売りの単2電池を6本使用する。
(ちなみにEX5は本体が日本製、電池が付属する一方でACアダプタは別売だが、私の手元のものは中国製だった。まったくの蛇足だが、EX5のACアダプタは極性が統一型プラグと逆(芯の中心側がマイナス)なので、EX5の購入を検討している方はご注意を。)
 端子類は本体右側にヘッドフォンジャック(ステレオミニプラグ)が一つあるだけ。

 ボタンは大きく押しやすく、選局・音量つまみも適度な硬さで回る。全体として特別高級感はないけれど、シンプルなので、夜、枕元に置いて暗がりで適当に操作してもなんとかなる。(ここで表示部のバックライトが効いてくる。)本体も奥行があるため安定感があり、適当にさわっても倒れる心配が無い。(この点、EX5は薄型なため、どうしても片手で本体を支えながらでないと、ダイヤルやスイッチの操作ができないし、暗がりで使うには心もとない。)

 では肝心の性能、使い心地はどうか。まだ通り一遍にしかさわってないので、大まかな印象でしかなく、使っているうちに印象が変わるかもしれないという前提で、、、。

 まずはFMのほうだが、適当にロッドアンテナを伸ばしてダイヤルを回すだけで的確に受信する。(ロッドアンテナの長さは、伸ばした状態で約95cm。EX5とほぼ同じ。)オートエリアバンク機能があるので、最初に設定(ワンボタンで自動的に設定できる)してしまえば、あとは聴きたい局名の表示にあわせるだけ。
 選局方法は、オートエリアバンク機能でプリセットされた局から選択するほか、マニュアルモードでの選局と、「お気に入り放送局」という、オートエリアバンク機能だと設定されないコミュニティFM局や、地元以外の局でよく聞く局を登録できる機能がある。ただ、設定数はボタン1つに対し1局なので、3つボタンで合計3局(モードは問わないのでFMばかり3局セットしても可)のみで、ちょっと物足りないかも。

 マニュアルモードにして地元のコミュニティFM数局を受信してみたが、感度は悪くないようで、周波数が直接表示されるため、ダイヤル式の手持ちのラジカセよりも選局しやすいのはもちろんだが、ポケットラジオやラジカセでは聴こえにくい局も、U700はよく電波を捉えている気がする。

 意外に思ったのは大きな表示部を持ちながら、ステレオインジケーターもチューニングインジケーターもないこと。安手のポケットラジオでもこれらのインジケーターはついていることが多いが、これが省略されているとはちょっと寂しい。確かにダイヤル式ではないので、所定の周波数に合わせればそれがジャストチューニングなのだが、やはりぴったり合った時に点灯すると落ちつく気がする。

 音質についてはごく普通に聞ける音だ。細かいトーンコントロールがないが、「標準」「音楽」「ニュース」「高音強調」の4モードがあるので、名前にこだわらず好きなモードにしておけば済む。欲を言えば、AMの遠距離受信など電波状況の悪い局を受信しようとしている時は、ノイズの高音が気になるものなので、「高音カット」モードも欲しかった。
 なおステレオ対応(残念ながらFMのみ)でスピーカーも二つついてはいるが、筐体が小さいため、それほどのステレオ感は無い。部屋にFMをガンガン流して聴く、といった使い方なら、例え安いラジカセでも、はるかに「らしい」音がするだろう。どちらかと言えばおとなしい音質なので、BGM代わりに流しておくような使い方が向いていると思う。

 長くなったので、続きは後日。

(7/1追記)
・続きをアップしました。 「松下のラジオ「RF-U700」を購入・その2(AM編)」


<参考>
・松下電器の4/26ニュースリリース「高感度ラジオ RF-U700 を発売」
・松下電器の商品カタログのページ「ラジオ RF-U700」
「AMラジオ遠距離受信の部屋」 (個人作成ページ)から
  「おすすめAMラジオ紹介(高性能ラジオ徹底比較)」のページ
・nikkeibp.jpから 「「簡単選局」、液晶画面に放送局名表示する据置型ラジオ、松下」

Panasonic TV(1ch-12ch)/FM/AMラジオ RF-U700-S
B0009VTDDA
松下電器産業 2005-06-25
売り上げランキング : 1427

おすすめ平均star
star難聴地域のラジオファンに朗報!
star最強の室内ラジオ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

比較相手のソニー「ICF-EX5」の後継機「ICF-EX5MK2」はこちら。

B001QHLKE6SONY FM/AM/ラジオNIKKEIポータブルラジオ ICF-EX5MK2

ソニー 2009-02-10
売り上げランキング : 7121

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SONY TV(1ch-3ch)/FM/AM/ラジオNIKKEIポータブルラジオザ・感度。エクストラ ICF-EX5
B00009VSB9
ソニー
売り上げランキング : 9198

おすすめ平均star
star曲った針が悲しい
starAM長距離受信の強い味方

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


|

« ラジオライフ8月号の第2特集は「懐かしのラジオ」 | トップページ | 松下のラジオ「RF-U700」を購入・その2(AM編) »

コメント

お気に入り選局ボタンの数うんぬんよりもAMやFMの外部アンテナ端子を付けていただくと助かります。5素子程度のアンテナを接続してFMの中〜遠距離受信を楽しみたい程です。

投稿: 福岡からガチQ聴いてます | 2016.12.20 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75650/4766666

この記事へのトラックバック一覧です: 松下のラジオ「RF-U700」を購入・その1:

» ホームラジオRF-U700使用レポート [[Goggles Net] ゴーグルネット]
発売延期になっていたパナソニックのホームラジオRF-U700が、やっと手に入ったので、感想を記しておく。 ・サイズは思ったよりコンパクトで、デスクの上やベッドサイドにも邪魔にならない。 ・最大の特徴である「AMジャイロアンテナ」は、キリキリと小気味良い音をさせ... [続きを読む]

受信: 2005.07.03 18:20

« ラジオライフ8月号の第2特集は「懐かしのラジオ」 | トップページ | 松下のラジオ「RF-U700」を購入・その2(AM編) »