« 「プレイボール」が初めてテレビアニメ化 | トップページ | TBS安住アナのお見合い相手はABS伊藤綾子アナ »

2005.05.29

松下電器のラジオ新製品はジャイロアンテナ装備

しばらくラジオ以外の話題が多かったので、ラジオそのものの話題を。

 ラジオ聴取者の減少のせいか、若干の安手の新製品に混じっていまだに10年前のラジオが店頭を飾っている(しかもその古い製品のほうが性能が良かったりする。)昨今だが、松下電器からなんと「大型AMジャイロアンテナ搭載による高感度設計」(プレスリリースより)というラジオ単体の新製品が出ると言うから、それだけでちょっとした驚きだ。発売は6月10日。以下は日経BPのサイトより。

「簡単選局」、液晶画面に放送局名表示する据置型ラジオ、松下

 松下電器産業は4月26日、大型液晶を搭載し、電波受信感度を向上した据え置き型ラジオ「RF-U700」を6月10日に発売すると発表した。価格はオープン。月産台数は3000台を予定する。
 従来より大型液晶ディスプレイを搭載、従来の周波数表示に加えて放送局名表示を可能とし、選局を容易にした。
 メモリに全国41地域とJR新幹線の放送局名と周波数を記録。選局ボタンを押すだけで、その地域で受信できる局を自動的に呼び出す「オートエリアバンク機能」を備える。
 またロッド・アンテナのほか、新型のAMジャイロ・アンテナを装備。電波の届きにくい場所でも、ジャイロ・アンテナを回転させることで適確に感度を調節でき、安定した電波受信が可能という。
 AM電波522~1629kHz、テレビ電波1~12ch、FM電波76~90MHzを受信可能。ステレオ・スピーカを内蔵し、FM放送の高音質で再生できる。このほか一定の時間が経過すると自動的に電源を切る「おやすみタイマー」機能などを備える。外形寸法は幅276.5mm、高さ170.0mm、奥行き149.5mm。重さは19.95kg。電源は単2形のアルカリ/マンガン乾電池6本。

 松下製のポケットラジオではおなじみの「オートエリアバンク機能」や、放送局名の表示が可能な大型液晶ディスプレイあたりは、ある意味定番機能でそれほど驚かないが、特筆すべきなのは「AMジャイロ・アンテナ」を装備していること。昔のBCLブームの頃ならいざ知らず、このご時勢にあえて搭載してきたとは驚き。
 AM用ジャイロアンテナというのは、簡単に言えば回転できるアンテナ。AMラジオというのは電波の捕らえやすい向きがあって、電波の入りが悪い時には窓際に持っていき、ラジオの本体ごとゆっくりと回してみて、一番電波の入りやすい方向を探すのが基本中の基本(※)だが、そうすると、局によっては一番受信しやすい向きにしたらスピーカーが壁の方向を向いてしまったりして、ちょっとむなしい思いをしたりするのだが、ジャイロアンテナがあれば、本体は自分の方向へ向けたままアンテナの向きをベストポジションにできるというわけだ。

 気になるお値段は、オープン価格ということで不明だが、ヨドバシ・ドット・コムでは¥10,800(税込)でポイント10%還元。ネットを見ているともう少し安いところもあるようだ。
 ラジオ単体機に1万円近く出す物好き?は一般人にはそういないから、これでも高いと見ることもできるが、例えばAM受信には定評のある、ソニーのICF-EX5は店頭では概ね¥12,000円前後の販売(定価は15,540円)で、こちらはFM用のステレオスピーカー等の搭載はない。だとすると、「RF-U700」がラジオ受信の高性能機だとすればちょっと安い気がするのは気のせいか。
 もちろん購入するなら安いにこしたことがないのだが、もう1台買うという場合には、安いなりに性能も「それなり」なのでは敢えて買い足す意味はないわけで、今のところ期待半分・不安半分というところ。
 あと、ステレオスピーカーまで搭載するなら、がんばってAMステレオ対応にしてほしかったのだが、スペック表を見る限りでは対応してなさそう。AMステレオ対応なら即決で買うのだが。。。

 ※…少しだけ正確に言えば、ラジオやラジカセの場合、AMの受信は大抵ラジオ本体に内蔵されているバーアンテナで行っており、バーアンテナだけを回転できないため、本体ごと回転させている。
 ちなみに、ラジオやラジカセ本体の外についているロッドアンテナ(伸び縮みする、差し棒みたいなヤツ)はFMの受信用。あれを伸ばしてもAMには関係ない。

<参考>
・松下電器の4/26ニュースリリース「高感度ラジオ RF-U700 を発売」
・松下電器の商品カタログのページ「ラジオ RF-U700
「AMラジオ遠距離受信の部屋」 (個人作成ページ)から
  「おすすめAMラジオ紹介(高性能ラジオ徹底比較)」のページ

(6/14追記)
・6月10日発売予定だったRF-U700だが、どうやら発売が延期されている模様で、今日(6/14)現在、店頭には並んでいないようだ。

(6/29追記)
・RF-U700が6/25頃から店頭に並び始めたので、購入した感想をアップ。
 こちらへ→「松下のラジオ「RF-U700」を購入・その1

|

« 「プレイボール」が初めてテレビアニメ化 | トップページ | TBS安住アナのお見合い相手はABS伊藤綾子アナ »

コメント

 こんにちは。先日は私のサイトにコメントありがとうございます。

 ジャイロアンテナが泣かせますね~BCL世代には…
 私のマンションはラジオの入りが極悪なので、かなり欲しい製品です。
 でも、ラジオが目覚まし替わりの私には、おやすみ機能よりも、おはよう機能が欲しかったです(T_T)

投稿: ハマジ | 2005.05.31 08:19

おはようございます。記事をよみ、店頭で現物を見たいと思いまし
た。日経BPは重量19.95kgと紹介していますが、鉛でも入ってい
るのでしょうか。とても気になります(笑)。

投稿: jelly | 2005.06.05 06:00

>ハマジさん

実はウチも電波の入りが悪い部屋なので、受信性能の実力がどれくらいなのか注目しているところです。期待以上だとうれしいのですが。

>jellyさん

>日経BPは重量19.95kgと紹介していますが、鉛でも入っているのでしょうか。とても気になります(笑)。

そうなんです。とっても重量級なところを見ると、さぞかしたくさんのパーツが入った高級品なんでしょう(笑)
…もとい、いやぁ全然気がつきませんでした。一桁違ってますね(苦笑)。
20kg近い重さのラジオって、どんなラジオやねんって感じですね。

投稿: tabo | 2005.06.05 10:23

この勢いで、しっかりとした価値のある受信機を作ってもらいたいものです。テクニクスブランドの(20年ほど昔の)チューナの性能を再現してもらえると「即買い」です。クーガシリーズの復活を願います。

投稿: kazu | 2005.07.15 22:56

マンションで、線路沿いです。普通のラジオでは、電波を受信しません。パナソニック高感度ラジオは、ロッドアンテナが非常に長く、感度良好に、FM放送を拾い上げます。お勧めのラジオですね。

投稿: 三浦海岸 | 2011.03.30 03:58

初参戦となります。
昨今はFM補完放送が普及しつつあります。FM補完放送対応版RF-U700の降臨と、FM及びAMの選択度UP、バーアンテナ国内最長記録更新を望みます。

投稿: 福岡からガチQ聴いてます | 2016.12.18 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75650/4334249

この記事へのトラックバック一覧です: 松下電器のラジオ新製品はジャイロアンテナ装備:

« 「プレイボール」が初めてテレビアニメ化 | トップページ | TBS安住アナのお見合い相手はABS伊藤綾子アナ »