« 局のタクシー便乗で帰宅してた仁鶴師匠、今や特別顧問に | トップページ | コサキンソングをステレオで聴く »

2005.01.15

古舘伊知郎の向き不向き

 古舘伊知郎が日本テレビ「おしゃれカンケイ」を降板し、テレビ朝日「報道ステーション」のキャスターに専念する、という記事をみた。しかし今の「報道ステーション」での古舘さんを見る限りでは、チャレンジ失敗だったのではないかとつい思ってしまう。

 古舘さんというのは、決してしゃべりが下手な人ではないと思うが、やはり向き不向きはあると思う。
 例えば、元々プロレス実況で名を上げたとおり、絵的に派手で常に動きがあるシーンの実況にはあの矢継ぎ早のトークは合っていると思う。しかし、動きの少ない場面の描写や今の「報道ステーション」のように相手の話をじっくり聞き込む場合、間を埋めようとするのか、つい全部自分でしゃべってしまい、「ただうるさいだけ」の人になってしまっている。
 特に政治家など、本人があまり話したくない、触れたくない話題をあえて相手にしゃべらせようとすると、無駄に持ち上げてみたり、いらん比喩を付け加えてみたりして、ますます空虚な空間が広がっている気がして痛々しい。

 私が思うに、古舘さんのしゃべりというのは、画面に乗せる派手な効果音と同じく、画面を引き立て盛り上げるしゃべりなんだろうと思う。つまり、主役はあくまで写っている「絵」なのだ。その絵の後ろでその状況をより盛り立てているうちはよかった。プロレス実況でも主役は当然プロレスであり、それを盛り上げるのがまさに実況だから。

 「報ステ」の古舘さんが、見ているほうも(恐らくやってるほうも)今ひとつしっくりこないのは、古舘さん自身が、自分が画面上の主役になってしまったときの対処が掴めず、戸惑ってしまっているからではないだろうか。


 ちなみに 「おしゃれカンケイ」枠の古舘さんの後任としては、★芸能日報!てれびまにあ。さんのところでは、久米宏の起用がいいのではないかと言われている。
 私個人としても司会に戻った久米さんをぜひ見てみたいのだが、久米さんには本当はラジオを一本やって欲しいのだ。業界向けリップサービスかもしれないが、本人も「ラジオが好きだ」と何度も言っているようですし、自身のかつての人気番組「久米宏の土曜ワイドラジオTOKYO」(TBSラジオ)を超える新たな番組を、ここらでぜひやってもらいたい。

|

« 局のタクシー便乗で帰宅してた仁鶴師匠、今や特別顧問に | トップページ | コサキンソングをステレオで聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75650/2580003

この記事へのトラックバック一覧です: 古舘伊知郎の向き不向き:

» 古舘伊知郎さん「おしゃれ関係」降板〜報道ステーションに専念?〜 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
TV番組の司会などでおなじみの古舘伊知郎さんが今年の3月いっぱいで日本テレビ系列で放送されているトーク番組『おしゃれ関係』の司会を降板されるようです。古舘伊知郎... [続きを読む]

受信: 2005.01.17 14:06

« 局のタクシー便乗で帰宅してた仁鶴師匠、今や特別顧問に | トップページ | コサキンソングをステレオで聴く »